• SFC参加店情報
  • facebook
  • 食材王国宮城
  • suntory
  • WXY
  • とーちく
  • ちどりや
  • るるぶトラベル

EVENT イベント

仙台フードコンベンション 2015

仙台フードコンベンションはこれまですすめてきた地産地消をより強固な基盤として取り組み、飲食店舗だけでなく東北6県の一次産業生産者と生活者を結び付ける販売チャネルの強化を実施いたします。

東北におけるゲート機能である仙台は食文化についても様々な発信地といえます。
本イベントは東北6県の一次産業生産者と生活者を結ぶことで、各地域における独自の食文化の交流と消費拡大に繋がるとともに東北エリアの生産者と全国の実需者との取引拡大につながると考えます。

私たちは、仙台フードコンベンションを通じて“東北の食の力”を多くの人々に伝え、東北の食産業、一次産業の活性化に寄与してまいります。

日 時

2015年10月3日(土)・4日(日)
10:00~19:00

場 所 錦町公園(仙台市青葉区本町)
入場料 無料
※飲食・産直・物販ブースは有料となります。
出店ブース

L’atelier 陸 我流酸辣湯麺 拉麺勇気
(10/3のみ)イタリアンバール primo(プリモ)
三丁目 小福 ほの香
(10/4のみ)Boulangerie Girafe(ブーランジェリー・ジラフ) Cafe & Restaurant Gallow(ガロウ)
Pizzeria Rocco(ピッツェリア ろっこ)
やまがた まるごと おいしいもの市場 旨いもの酒家 りゅうず
(10/3のみ)楽・食・健・美 -KUROMORI-
野菜と酒のうまい店 居酒屋きりん
(10/4のみ)お酒とワインと 中屋
海鮮ビストロ・ヤマライ 一番町 自然農園
(10/4のみ)肴処やおよろず × 重庵 和・旬・会・炭 たその
(10/4のみ)やきとり 五つぼ (10/4のみ)ビストロ タイ
魚貝バル SOLA(ソラ) Ostra de ole(オストラ デ オーレ)
TRAITEUR MAISON H × Le Bistro Goto(ビストロゴトー)(10/4のみ)
(10/4のみ)SPINNERS(スピナーズ) FUMO14番地
(10/3のみ)天然酵母パン オ フルニル デュ ボワ
山海里 清ぼう タイ料理 サバイ・サバイ
(10/3のみ)Vacanze(ヴァカンツェ)
燦燦園 & おしか商店
※順不同

Bee Port Japan ざおうハーブ ブルーベリーshop・イシカワ
竹鶏ファーム 山形の農家の未来を考える協議会
仁藤商店 朝日北の原食品 遠藤商店
HOSHO FARM 今野農園 うつわ・ギフト せと藤
健康野菜の高橋農園 まるよし果樹園 宮城蔵王 野菜畑
矢萩果樹園 工藤農園
※順不同

サントリー
MKD RECORD(ドリンク & DJブース)
NBA(日本バーテンダー協会)仙台支部
宮城の地酒バー(produced by 縁 YENISHI)
※順不同

宮城大学食産業学部

寒河江市観光PR
キヤノンシステムアンドサポート株式会社
 (撮影&プリントサービス)
※順不同


主 催 仙台フードコンベンション実行委員会
後 援 仙台市/宮城県/仙台商工会議所/宮城大学 食産業学部/エフエム仙台/ 仙台リビング新聞社/ミヤギテレビ/東日本放送/仙台放送/東北放送
協 力 MKD/齋林本店/庄子や酒店/NBA(日本バーテンダー協会)仙台支部
協賛企業 サントリー/寒河江市/キヤノンシステムアンドサポート株式会社/小松塾・仙台個別スクール/ Red Story School/株式会社テクノワークス/ほてい製菓(株)
お酒は20歳になってから

ご飲食に関して

Google Map会場マップ

ACCESSMAP

錦町公園

宮城県仙台市青葉区本町2丁目21-1

[会場までのアクセス]

地下鉄「勾当台公園駅南4出口」
「広瀬通駅東2出口」 から歩いて約5分

問合せ先

仙台フードコンベンション。それは・・・“食”で人に活力を与え、“食”から宮城を元気にするムーブメント。
SFC
2009年にスタートした仙台フードコンベンションも、
今年で7回目の開催となります。

今回は、東北の地産地消の活性化に寄与するとともに、
これまで以上に多くの方々に「食」を通じた出会いの機会を
提供したいと考えています。
また、イベントの収益金を被災地の復興義援金として
寄付することも目的のひとつです

わたしたちは、3.11の震災を受けて
"食があってあたりまえの日常"から"食のない非日常"を過ごしました。
この経験から、自然の恩恵や「食」に関わる人々の活動に改めて感謝すること、
また、「食」を通じた人と人とのつながりの素晴らしさを改めて実感しました。

「食」から生まれるさまざまな出会いや思いを大切にしながら、
被災地に元気を届けたいという想いで、本イベントを企画しました。